[Google]QRコードを誰でも簡単に自動生成、表示する方法

「Google Chart API」を使って、いとも簡単に任意のQRコードを自動で作成、表示する方法です。


今さら感があるが、便利なのでメモ。

ポータルサイトなんかを構築する際に使えるのではないでしょうか。

例えば、モバイル版のURLがPCサイトのページと同じ場合で、
各店舗詳細ページごとにQRコードを表示しておきたいけど、さすがに各ページ分のQRコードを作るのは大変だ。
という時に使えるのが、「Google Chart API」のオプションで可能な、QRコードの自動生成です。

記述方法は以下。

指定URLのQRコードを生成するには以下のように

<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=150x150&choe=Shift_JIS&chl=ここに指定URLを記述" />

現在見ているページのURLのQRコード生成するには以下のように

<a href="javascript:window.location='http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=150x150&choe=Shift_JIS&chl='%20+%20encodeURIComponent(location.href)">≫ QRコードを別ウィンドウで表示</a>

≫ QRコードを別ウィンドウで表示

WordPressを使っている方で、現在見ているページのURLのQRコード生成して、その場に表示するには以下のように

<img src="http://chart.apis.google.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=<?php the_permalink(); ?>" alt="このページのQRコード" width="150" height="150" />

※投稿エディタに記述ではなく、使用テーマのsingle.phpなどのphpファイル内に記述してください。

imgで囲わなくても表示はされます。

chs(サイズの指定)
choe
choe(文字コードを指定)
chl(エンコードしたテキストを指定)
となっているので、表示させたいサイズや、文字コードは任意で書き換えてください。

これで以下のようにQRコードを自動的に作成してくれて、画像も自動で表示してくれます。


どうでしょう?
上のQRコードを読み取ると、このページのモバイル版ページが表示されているはずです。

ワードプレスで言えば、single.phpなどにこのコードを貼り付ければ、各ページURLのQRコードを自動で作成することができますね。

Web ≫QR Codes – Google Chart Tools / Image Charts (aka Chart API) – Google Code

“[Google]QRコードを誰でも簡単に自動生成、表示する方法” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です