[デザイン]タイポグラフィを用いた、素晴らしいデザインインスピレーションを与えてくれる34作品

タイポグラフィを用いた、素晴らしいデザインインスピレーションを与えてくれるアートな34作品

文字を基盤とした、素晴らしいデザインイメージばかりです。

今回のデザインインスピレーション集はタイポグラフィアートをテーマにしました。
文字をかっこよく、クールに!
はたまた、かわいらしく、キュートに!
なんて感じに、様々なイメージで文字をデザインできるようになると、一気にデザイン力があがったり、デザインの幅が広がったりするのではないでしょうか。

?タイポグラフィとは? – フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

印刷物の読みやすさである可読性や、視認性、そしてその美しさを得るために、
活字の配置・構成やその属性すなわち書体、字体の大きさ(ウェイト)、行と行との間隔(レディング)、文字と文字との間隔(カーニング及びスペーシング)、印刷紙面上での活字が占める領域の配置・構成(レイアウト)などを設定し、いかに経済的に効率良く印刷物を出版することが初期タイポグラフィであった。
ただし、活版印刷だけをタイポグラフィとは言わず、字体の集合であるグリフ及びファミリーが存在している限り、古い文献などから見られる色々なグリフも立派なタイポグラフィーの一部である。
活版印刷技術誕生から派生した芸術や、デザイン性もタイポグラフィの一つである。
現在では印刷物に限らず、様々なデザインの中で見ることができる。
タイポグラフィを専門とする職業及び職人、テクニシャンをタイポグラファーという。

「こんなデザインができるようになればいいなぁー。」なんて思っちゃう
デジタルアート、ポスター、フライヤー等のタイポグラフィアートなグラフィックデザインをどうぞ楽しんでくださいー。
デザインの参考にもしてみてはいかがでしょう!
では以下にザザーッと。


































文字をこれだけデザインをすると、すごく生き生きしてるし、ものすごい迫力がありますよね。

行間を少し狭めたり、広くとったり。
斜めに少し傾けたりするだけで、随分と印象が変わりますよね。
タイポグラフィとは奥が深いモンです。

“[デザイン]タイポグラフィを用いた、素晴らしいデザインインスピレーションを与えてくれる34作品” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です