[デザイン] どうやって加工したの!?とんでもないレベルに写真加工されたグラフィックデザイン

驚きの写真加工が施された、非常に素晴らしいグラフィックデザイン例を「CreativeFan」より紹介。

20 Great Examples of Photomanipulation Graphic Design | CreativeFan

Photomanipulation(写真加工・操作)は、デザイナーまたはアーティストのテクニックで最も強力な技術の1つです。

加工する前の写真は現実の世界をすでに表しているので、
写真加工されたデザインは現実に基づいた、リアルな世界を表現することができるのです。

Photomanipulationはデザイン・プロセス全体で見ると、小さな作業工程といえますが
加工された写真は、デザイン全体のベースとして用いられることがよくあります。

Photomanipulationとは
photo=写真 manipulation=上手な扱い、巧みな操作、ごまかし
つまり、グラフィックソフトなどで、写真を上手く操作する、加工することを言います。

本当にこれどうやって作ってるの??
というような非常に素晴らしい写真加工されたデザイン例を、グラフィックデザインの中から紹介。あなたにデザインに関するインスピレーションを与えるはず!

どうやって加工したの!?写真加工された非常に素晴らしいグラフィックデザイン

どうやって加工したの!?写真加工された非常に素晴らしいグラフィックデザイン

どうやって加工したの!?写真加工された非常に素晴らしいグラフィックデザイン

どうやって加工したの!?写真加工された非常に素晴らしいグラフィックデザイン

どうやって加工したの!?写真加工された非常に素晴らしいグラフィックデザイン

写真加工した画像は、ウェブデザインで言うとメインのイメージや、背景なんかによく使われていますね。
空や山など、写真を上手く加工してデザインされています。

現実世界にあるものを上手くデザインに取り入れるとリアルな感じがしますし、表現の幅もグッと広がります。
バナーひとつでも写真を入れると入れないとでは随分雰囲気が違いますよね。

20の例すべてをみたいという方は以下リンク先へ

20 Great Examples of Photomanipulation Graphic Design | CreativeFan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です