[Webサービス]仮でファビコンが必要な時に、無料でサクッと作れる「Faviconist」

とりあえず仮でファビコンが必要な時に、誰でも簡単にサクッと、シンプルなファビコンが作れる無料Webサービス「Faviconist」を紹介します。

Faviconist – Make a beautiful favicon in seconds

「Faviconist」は、時間をかけずにシンプルなファビコンを作成できるサービスです。
ファビコンは、タブブラウジング、ソーシャルサイトの共有、およびモバイルのタッチのアイコンのおかげで、今まで以上に重要な存在になっています。

ファビコンとは?『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

Favicon(ファビコン)はウェブサイトやウェブページに関連付けられたアイコンのことである。
ウェブデザイナーはデザインの手段としてアイコンを作成して利用でき、また最近のウェブブラウザの多くがこの機能に対応している。対応しているウェブブラウザはブックマーク(お気に入り)リストやアドレス表示欄、タブブラウザではタブに表示されたページタイトルの左側に読み込まれたアイコンを表示する。

「Faviconist」で簡単にシンプルなファビコンが作れます。
フォトショップなどのソフトを持っていない、凝ったものじゃなくて簡単でもいいから時間をかけずに作りたい。
けれど自分のサイトの配色に合わせたい。 といった場合に便利です。

気に入ったファビコンが完成したら、右下にあるSAVE FAVICONボタンをクリックすると、
HTML/XHTML内でFaviconを指定するためのlink要素が自動生成されるので、それをコピペで
head要素の中に書いてあげるだけです。

とりあえず仮でファビコンが必要な時に、簡単サクッと作れるWebサービス「Faviconist」

Faviconistで作成したファビコンは、わざわざFTPツールなどでファイルをアップロードする必要はなく簡単に設置できます。

とりあえず仮でファビコンが必要な時に、簡単サクッと作れるWebサービス「Faviconist」

出来上がったファビコン画像は、Faviconistのサーバー上に上がっているようですね。
サービスが終了すると作ったファビコンも消えちゃうと思うので、とりあえず仮のファビコンということで使用するか、もしくはダウンロードしておく必要がありそうです。

ファビコンの必要性

すべてのウェブサイトで、サイトアイデンティティーを確立するためにファビコンが必要です。

ファビコンは、ユーザーがサイトを発見し、そのサイトに戻るための目印として役立ちます。
最近では、多くの主要ブラウザでタブをサポートし、ユーザーが多くのタブやウィンドウを開いて別のタブに移動した際に迷うことなく、目的のサイトに戻りやすくする方法のひとつです。
PCやMacだけではなく、iPadのようなタブレットでのブラウザ利用時や、Android、iPhoneなどのスマートフォンでもホーム画面に、ブックマークしたサイトのファビコンを表示することができます。

ファビコンは、ユーザーが自分の友人とお気に入りのウェブサイトへのリンクを共有する時にも目印となります。
今流行のGoogleプラスでは、共有されるすべてのリンクでファビコンを表示しています。

自サイトのアイデンティティー、目印となるファビコンは、今ではウェブサイトを構築する際には必須となっています。
Webサイトをお持ちで、まだファビコンを設置していないという方は、一度つくってみてはどうでしょう。

仮でファビコンが必要な時に、無料でサクッと作れる「Faviconist」
Faviconist – Make a beautiful favicon in seconds

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です