[WordPress]ワードプレスブログで過去記事を蘇らせるたった一行のコード

ワードプレスで、過去記事を蘇らせるたった一行のコード(最終更新日の表示)


「過去記事を蘇らせるたった一行のコード」
なんて、表題はちょっと大袈裟ですね。

具体的には、
過去に書いたブログ記事などを修正して更新した際に、最終の更新日を表示させるコードです。

single.phpなどに以下コードを、最終更新日を表示させたい任意の箇所に記述してください。

<?php the_modified_date('最終更新日 Y/m/d'); ?>

これを表示させたい任意の箇所に記述すると、
記事を変更・修正して更新した際に、自動的に更新した日が表示されます。

例えば、Googleなどの検索結果で同じような記事が2つ読まれたとしたら、
ユーザーはちょっとでも新しい記事の方が、信憑性と魅力を感じるんじゃないかなーと思います。

最終更新日を表示させておくことで、
記事を読んでいる人は、最終更新日が最近の日付だと「最近の情報なんだ!」と安心しませんか?

ちょくちょく過去記事を見直して修正する人は、是非お試し下さい。

こういったちょっとしたことで、直帰率が下がったり、記事を読んでもらえる確率が上がるのかもしれませんね。

古い過去記事などもこれで鮮度をとりもどすんじゃないでしょうか。
これを機会に過去記事の見直しをしてみてはどうでしょう!

WordPress Codex 日本語版ではこういった様々なコードを教えてくれます。

http://wpdocs.sourceforge.jp/

“[WordPress]ワードプレスブログで過去記事を蘇らせるたった一行のコード” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です